アイドルとおんがくに囲まれたHappyLife

某アイドル事務所に心奪われているいい大人。おんがく大好き人間で、かなりのヲタ気質。だけど、文章はうまくないのが難点(苦笑)

まだ2年、なのか、もう2年、なのか

2年前。2013年の9月7日は、ちょうど東京ドームでのNEWS10thアニバコンの日だった。

 

この時はチケットも争奪戦で、確かなん名義か(友達4人でね)かけたけど、奇跡的に1つしか当たらなかった幻のチケット。東京ドームなのに距離が近くて(気持ちの距離が)泣いたなあ。そして、加藤シゲアキの色気にやられた日でもあった。そして、慶一郎さんからの「不倫禁止令」からも2年経ったということになる。

 

まだ2年、なのか、もう2年、なのか。自分に問うてみた。私的には正直「もう2年」だ。NEWSを取り巻く現状って少しは良くなったのだろうか。個人仕事。例えば、加藤さんだったら、ビビットが決まったり、小説家として華々しくおされ、映画公開も決まってる。小山さんも安定のキャスター、それに舞台。テゴマスちゃんも、ハッピーターンCMやったり、増田さんは「水曜歌謡祭」で歌声を知らしめた。

 

でも、「NEWS」というグループとしての知名度は果たしてどうなのか。ぶっちゃけ書くと、お世辞にもほぼ向上してる、とは言いがたい物がある。もちろん、ツアーもやらせてもらい、アルバムもでて、シングルも切った。でも、後半どうしてこんなに尻すぼみなのか。

 

そして、今にして思うと、結成記念日9月15日にドームじゃなかったこと、が表す意味。(単に会場の問題かもしれないが、そこはもう調べられないので)どうしても、彼らは頑張ってるけど、「推され感」がいかんせん弱いのだ。

 

いいとこNEWSも中堅だよね。中堅ってもしかして一番扱いづらいのかもしれない、事務所的にも。そこそこコヤシゲが、個人仕事で成果をあげてしまっているのも、なんとなく事務所がNEWSをグループとしてまとまりで推そう、という感覚を弱めている気がしてならない。(もちろん、コヤシゲのお仕事が大好きだから、NEWSと平行してやってもらいたいの。そこは譲れない)

 

4人も中堅のプライドが邪魔をして、「仕事をさせてください」ということは言いづらいのじゃないかなと邪推してしまう。WESTなど、若手なら、食いついていってもまだいいようなものを、その辺が全く見えないので、ほんとにもどかしくて仕方ない。

 

今日、JUMPのシングルが発表になった。化粧品とのタイアップ。まさにNEWSファンが心待ちに望んでいたものだ。シングル+タイアップ。まさに、ああ、やっぱりもう時代はJUMPなんだよね、って一人納得してしまった。寂しいけれど。かぶせるようにテゴマスのCM解禁。気をそらされてるのかな。コヤシゲ担は納得してないよ。

 

これから、どういうスタンスで仕事をしていくのか。ぜひ小山さんの舞台が落ち着いたら、また4人で腹をわって話していただけること希望します。いや、もう話してるならいいんです。仕事が決まってるならいいんです。待ちますよ、いくらでも。

 

ファンができること、って何かないんだろうか。っていつも思う。冠番組がこの秋にでも来ると思ってたんだけどなあ。まだ、半月ぐらいまっても10月改変には間に合うから期待してるけど。

 

あえて記念の日だけど、苦言を呈しておきます。(ホントの結成日は15日だからね)