読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アイドルとおんがくに囲まれたHappyLife

某アイドル事務所に心奪われているいい大人。おんがく大好き人間で、かなりのヲタ気質。だけど、文章はうまくないのが難点(苦笑)

ガチな30年来の久保田利伸さんヲタが聞いた、TAKATSU-KING「王様クリニック」

最初にお断りしておくのですが、私はエイトさんに対しては、そこそこ、の知識だと思って下さい。ひなちゃんが、TAKATSU-KINGをやってることに対しても、賛否両論があるようですが、私は前回の「元気が出るLIVE」で見たときに、「ひなちゃん、こういう路線極めたらかっこいいよ、絶対。」って言ってたんですよね。

 

ただ、一緒にコラボする、と聞いた時、「これ、すっごい似合うんじゃない?」って思ったんですよね。ひなちゃんの声の質とか、そういうのを考えて。

 

作詞作曲は、久保田利伸さん。アレンジは、柿崎洋一郎さん(かきやん)

、といって、久保田さんとずっと一緒にお仕事されていて、今は東方神起とかそっちの方もやられていて、人気のキーボーディスト&アレンジャーさんなんですよ。

 

最初聞いた時。

 

おおおおおおおおおおおおお!! 

THE 久保田利伸ワールド!!

 

ってめっちゃ感激したの。サウンドづくりがまず久保田さん。で、たぶん世間一般だと、「Missing」の印象と「LA・LA・LA LOVE SONG」の印象が強いと思うんですが。久保田さんのお得意はこっちかと。

 

このゆったりとしたグルーヴ感と、イントロに入るスクラッチ音からしてもうすでにテンションがあがる。Party on!! とか、Beautiful People、Let it Flow、Breeak it Down、とか久保田さんの定番ワードなんです。

 

R&BとかFUNKの世界だと、こういうノリモノの曲が結構ライブを盛り上げるスパイスになったりして、音に合う言葉を乗っけてみんなで盛り上がる。これも一つの楽しみ方かと。

 

ネタにしようや、とかも、し・よ・う・や、じゃなくて、しょうやーってちょっと崩した感じでひなちゃんが歌ってくれてるのもこれもこういうFUNKものでリズムを出すのに大事かと。People、もぴーぽー、だしね。

 

で、よくよく聞いてみると(歌詞を読んでいると)、語尾に韻を踏んでいて、この歌のテンポ自体はどちらかといえばゆったり目だけど、このライミング(韻を踏むこと)で、リズム感をすごくもたせてるな、って思いました。

 

歌詞自体、ちょいちょい関西弁もちゃんと混ぜ込んであり、ひなちゃんの「Uh!!」ってフェイク。いや、たまりません。

 

これ、コーラス久保田さんですよね?今、手元にCD盤がないので、クレジットが見れないんですが、久保田さんの声に聞こえます。

 

こういうノリ物の曲は、もう歌詞の意味とか考えず、もう手を上げて一緒に乗っていただいたモン勝ちです。「音を楽しむ」それが大事かと。歌詞も音の一部、という感じの狙いがしました。それに見事に村上くんが答えてくれた。すっごいこれ生でみたいですね。

 

一番に思い出したのは、久保田さんが映画「メッセンジャー」に提供した、「Messenger's Rhyme」動画あるかな・・→ありました。

 

飯島直子さんがコーラスに参加してて、エンディングでは草なぎくんとかも、

参加してくれてるんですよね。

 


メッセンジャー


メッセンジャーED(Messengers)


Messengers' Rhyme ~Rakushow, it's your Show!~

 

https://youtu.be/8q8gESEUXTg

 

こっちがご本人映像

 

 

私はこれを思い出しました。これもいい意味で久保田さんのゆるーさがでていて、それでいてかっこいい、今回の「王様クリニック」に通じるものがあるなーって思いました。

 

ほんと、ひなちゃん、久保田さんとコラボしてくれてありがとう!!!

 

 

パノラマ(通常盤)

パノラマ(通常盤)

 

 

 

 久保田さん、ベスト盤だすので、よろしくおねがいします。絶対間違いのない選曲なんで。