アイドルとおんがくに囲まれたHappyLife

某アイドル事務所に心奪われているいい大人。おんがく大好き人間で、かなりのヲタ気質。だけど、文章はうまくないのが難点(苦笑)

U R not alone

とうとう和歌山公演まできてしまった。残すは後広島のみのアリーナ。

 

願いは一つ。

 

4人が楽しそうに笑っていること。こんなにしんどいツアー、記憶にない。あちこちで叩かれ、悪口、噂の域を出ない話をばらまかれ、みたくもないのに入ってくる。彼らがみてないことを祈る。

 

真実なんて・・・知りたい?彼らが私たちの前に立っていること、紡ぐ言葉それが真実だよ!それ以外なにもないってば!

 

私たちファンなんて、彼らの人生に責任持てないんだよ。だから、彼らのキラキラして真摯な姿勢、それがみれればいいと思う。

 

くだらないこといってる人以上に応援してるファンがいる、それを忘れないで。

 

U R not alone の歌詞の

『拝啓 あの日の僕へ 今はここで立っています』『誰かに笑われた夢を今もここで見続けています。』


『あの日つまずいて しゃがみこんでしまうほどの痛みさえ』

 

 拝啓、あの日の僕へ、で、もう私はだめで。号泣してしまう。よかった、昔の自分たちへ強いメッセージを送れるようになった。

 

過去、あの日、がNEWSにはたくさんありすぎるし、しゃがみこんでしまう痛み、なんて山ほどあっただろう。誰か、に笑われたことも。あの日の僕、がそのまま立ち直れなかったかもしれないことを思うと、このステージにいてくれること自体が奇跡なんだよ。

 

『ああ、どうか力を貸してくれないか。一切引かないし、いっさい負けない。』

 

心からの叫び。力を貸させてほしい。どうしたらいいだろう。みんなで下から4人を押し上げたい。TEPPENへ!景色をみんなでみたいんだ!

 

こんなに真摯で、正直でまっすぐな歌を私は知らない。そこにNEWSのドラマ性もうまくはまってる。

 

どうか、どうか、和歌山が愛であふれた物になるように・・・NEWSもファンも幸せな空間になるように・・・

 

やっばり書いてしまったな・・・だまってるつもりだったのに。