アイドルとおんがくに囲まれたHappyLife

某アイドル事務所に心奪われているいい大人。おんがく大好き人間で、かなりのヲタ気質。だけど、文章はうまくないのが難点(苦笑)

NEVERLANDはまさに緩急(NEVERLANDネタバレしちゃうと思うので、まだ未見の方はお引き返しくださいませ)

今回お友達が(いつも勝手にお友達認定してごめんね。素晴らしいダンスについての記事を書いてくれた。

  

lisakaiho.hatenablog.com

私はダンスをやっていないので、凄くありがたい視点の記事だったし、詳しくないけどMV方面からのair:manさんの凄さは身にしみてわかっているので、あえてコメントさせてもらったけど。コメントやRTしたあとのみんなの反応をTLでみてると、「知識がないからコメントできない」っていうのを見た。私知識ないけどコメントしちゃったよ(笑)教えてもらうという意味ですごく有意義でありがたい記事だったし、的確な言葉と簡潔で、優しい視点でほんとに素晴らしいブログと思ってる。

 

この反響の大きさを横から覗き見してて(笑)思ったこと。「みんな自信がないのかな」ってことだった。これはリサちゃんとも話をしたんだけど、どうしても母体が少ないNEWSにとって、ちょっと冒険したりすると、「え、これでいいの、これはありなの?」ってみんな自信がないんだよね。air:manさんがとても個性的なキャッチーなフリをする人だから、母体が大きい、ザ・ジャニーズ、という王道なコンサートの進め方や、振付にどうしてもみんな目が行きがちで、そうじゃないところに活路をみいだしてくれたNEWSに対して、自信がないんだろうなと。

 

私も声を大にして言いたい。こんなにも緻密に計算されていて、身体と声を使ってコンサートしてくれるグループ他にないと思う!キュートにもセクシーにもふれるというのは、彼らの大きな武器であると思うのだ。自信をもとう!NEWSファンの皆様。

 

今回思ったのが、セトリにしろ、ダンスにしろ「緩急」。これは皆さん気付いていると思うんだけど、コンセプトともバッチリあって、「QUARTETTO」と時のように、振りを全部NEWSががっつりがっつり踊るのではなく、例えばオープニングなんてほぼ動かないし、でも、それで畏怖感を感じさせる。小道具を持たせる(コレがまたチョイス秀逸)。その後、決めのポーズだけはしっかり決める。その後、花道も自力で移動。当たり前のことなんだけど、結構これ当たり前じゃなかったりしません?ここで、練習の時の伏線回収もしてるからしっかりみてね、振付を!

 

そして、Jrと総勢20人の「D.T.F」あたりで、後ろのスタンドまで迫ってくるところなんて圧巻ですよ。しかも踊って歌いながらですよ?福岡で、ちょうどバクステ、といわれるあたりで見たけど、迫ってくる様子が圧巻で、わ、わ、わ、って腰が引けるほどだった。

 

花道を斜めに使うのも斬新だった。touchで、Jrと一直線で、2方向に斜めにフォーメーションを変えるんだけど、このあたりもすごくすごく計算されてるなあと。

 

そして、世界観の転換。Interをはさみ、エリアを分けたのは私は正解だったと思ってる。集中がとぎれてしまうという友達がいたが、これも緩急の一つかと。特に「あやめ」からの「Brightest」の転換が秀逸過ぎて。Jrがもってる布の色がかわってます(プチ情報)白から、白と紫のまだら?になってます。白の世界から、Jrがメインに向かって、まさに光の使者のように「Brightest」につなげてくれる。ここはもう、レーザーが飛び交い、どこを見ていいかわからない。そして、ポップアップ。効果的過ぎて、本当に素晴らしい。錯覚までも利用するair:manさん。

 

歌唱を重視する曲たちは、あくまでも振りはシンプルなair:manさん。テレビでは「恋しら」もある程度振りついてたけど、ほぼ今回はハンドマイクのみ。立ち位置もばらけているのもとてもいいと思ってます。だって、歌、を聞かせるグループなんだもん。それをよくわかっていただいているし、そのあとの「フルスイング」も4人いれば十分何だよ。最初内向きだけど、最後横並びで肩組むなんてずるいよ。

 

「I'm coming」からの「BLACK FIRE」の流れも秀逸。あれは、「バンビーナ」の気だるさで、テゴソロ(寝ながらあんだけの声量だすって、常人じゃないよ)と、「BLACK FIRE」が際立つし、横で踊っているJrのダンスが際立ってると思いません?決して乗ってないわけではないと思います(笑)

 

そして、スタトロタイムも、ファンサして汗だくになりながら(おかげさまで何度か至近距離でみました)できるだけ歌を届けようとするNEWS。その間花道はJrくんたちが、ちゃんと完璧にNEWSのフリ写しで踊ってくれてますからね!!もしアリーナに入れる人、ぜひ応援してあげてください!!ファンサもたくさんくれますし、うちわ持ってると、Jrくんが自信がつきます!(この話あとで書こうかな)

 

思うことは、NEWSに対して、ジャニーズだから、こうあるべきだ、とか、なんでこうしないの?っていうのはもう通じないと思ってるのね。ジャニーズでも、いろんな冒険するグループがあっていいじゃないですか。そして、欲しい音をくれるグループがいていいじゃないですか。生音で勝負してくるNEWS。私はそれだけですごいと思ってるし、しかもこころ揺さぶられる。ジャニーズ、って概念をすてて、ひとつコンサート、東京ドームを見てみてはいかがでしょうか?

 

心の芯というか、ダイレクトに鷲づかむ前に、心の奥にそのまま矢が刺さるようなの。痛いものではなくて、痕跡。それは歌、という大事な痕跡を心に残してくれる。

 

U R not aloneはほんと、エモすぎて、書ききれないんだけど、「拝啓、あの頃の僕へ」って歌詞で、もうシゲマスが顔合わせて歌い合ってる時点で号泣だーーーーっと涙。手越さんが広島で会場の歌を身体全身に浴びて、元気になるんだ、って自分を奮い立たせているように見えたのだ。

 

どうか東京ドーム2公演。みんなで楽しみませんか?それぞれの発見がまだまだあると思うの。これ、かなり端折って書いたから、終わったらじっくり書くよ。だって、アルバム聞いてても、4人の歌唱力が上がってるから物足りないの。フェイクとかもはいらないでしょ(笑)あと、その曲で、演出とダンスが記憶からまとめてズルズルと引き出されてきて、脳内でNEWSがNEVERLAND繰り広げてくれるのが楽しみでいて、辛い。

 

この記憶が薄れるのが辛い!!土日はガン見するぞ!!

 

 

 

 

 

Burn.-バーン- (角川文庫)

Burn.-バーン- (角川文庫)

 

 

 

NEVERLAND(通常盤)

NEVERLAND(通常盤)

 
NEVERLAND(初回盤)

NEVERLAND(初回盤)