アイドルとおんがくに囲まれたHappyLife

某アイドル事務所に心奪われているいい大人。おんがく大好き人間で、かなりのヲタ気質。だけど、文章はうまくないのが難点(苦笑)

シゲフェロがすごすぎるぞ、EPCOTIA その1

yuzukonbu.hatenablog.com

まずはこちらの素晴らしいブログですよ。(ゆずこんさん、引用ごめんねー!)

「シゲフェロ」=シゲアキフェロモン

という素晴らしい造語を作ったのはこのゆずこんさんでございまする!!ということで、この「EPCOTIA」の中では、加藤シゲアキさんの声が秀逸にエロい、というわけで、もとい、セクシーというわけで、シゲフェロむんむんのこの一枚、シゲ担から

どこにそんなにもだえるのか、を書き散らかしていきたいと思います。

 

が、一つお断りが。実は我が家、パソコンが壊れておりまして、CDを聞くにはいちいちオーディオで聞くか、ブルーレイデッキで再生するしかないのでして、それがリビングにあるもんで、家人がいるとCDを再生できないんですよ( ノД`)シクシク… つらみー・・・只今もでかい息子がテレビ見てるし、ってことで、たぶん途中までになると思いますが。

 

私が「EPCOTIA」を聞いた時、あまりの情報量の多さに一旦聞くのをやめました。(前に書いたと思うけど)正直、「NEVERLAND」を今でも毎日というほどリピしたり、映像をみている身としては、あれを超えるものって相当なハードル・・・って思ってました。でも、もう、少しして、スライディング土下座したい気持ちになりました・・・

 

「EPCOTIA」なんてラジオでさんざん聞いていたのに、INTERからと合わせると、ほんとに宇宙旅行にこれからNEWSと出発するんだ!っていう心構えが出来る。こんなにストリングスが壮大で、利いている曲、広がりのある曲、またイルミナートフィルオーケストラとやってくれないかな・・・というひそかな野望があります。初めのシゲフェロですが。

♪1961 そしてまた一歩 はじめろカウントダウン♪

カウントダウン、のところの、カウンダーン!!みたいな、歌いあげるところ、色っぺえええ、って(笑)→たぶんあんまわかってもらえない。えぷこてぃあ、って、不安定な音階というか、半音的な音程になっていて、だんだんとサビに展開していくめっちゃ難しい歌だと思うんですよ。でも、この中にちゃんとファンが参加できるC&Rなんかも入っていて、そして、惑星の名前。きっとこれもキーになるんでしょうね。

 

・・・・・・長いな、これ終わんないから、とりあえずかけるとこからいってみよう(笑)

 

私が次にのけぞったシゲフェロは、「TWINKLE STAR」。かわいい歌かと思ったんですよ。そしたらですよあなた!!いきなりの加藤さんの歌いだし。

♪綺麗な目をしてたね 1000年に一度の星空みたい♪

なんですって!???(がたたたっ→椅子から立ち上がる音)と立ち上がり、もう一度頭から再生。

♪綺麗な目をしてたね 1000年に一度の星空みたい♪

加藤さんどうした!!???なんか、なんか、なんか、加藤さんにそんなこと歌われるなんて、うれしいじゃないですか!!!!

そして、言葉が綺麗。ヒロイズムさんの歌詞だけど、宛名のない文、とか、ゆらり、ゆらり、という言葉の繰り返し、僕の心象、返事のない文、色のない夢、凄く好きですね。

 

 

「NEWSに恋して」について、シゲ部で話していた時に、「齢(よわい)30にして、こんなこと言うと思ってなかったけど、やるなら徹底的にキュンキュンしてもらいましょう。」って言っていたのを思い出した。吹っ切ったのかなーって。

それもあるし、仕事もどんどんくるし、脂ののってるオトコって、やっぱり色っぽいんですよね。シゲはすごくてきめんにそれが顔とか、姿とか、声とかにでるからわかりやすい人だなあと思うんですけど。(なので、隠さなきゃいけないことは隠すんだよ)(笑)

 

シゲの声って、すごく艶っぽくなった。昔はしゃがれだなんだ、っていじられていたけど、ボイトレしたり色々して、今やファルセットまで利かせてくれるボーカリストに転じてくれた。私は昔からシゲの声が大好きで、いじられてるのがすごく嫌だった。だから、今、みんながシゲが色っぽい、って言ってくれるのがすごくうれしいし、素直に努力するシゲを尊敬している。

 

どっちかというと、寝かせば寝かせるほど味がでてくるウィスキーのような、芳醇な声というのでしょうか。決して、ベルベットボイスというわけではないけど、でも艶があって、そしてどこかに引っ掛かりがある。それが魅力になっていて、そして、どこか気怠い感じもセクシーで、「30のリアルオトコ」を連想させる。

 

オトコ、少年、漢、男性、青年・・・・なんだかシゲの声にはすべての要素が詰まっているような、そんなフェロモンがたくさん曲によって表現されていると思うんですよ。

 

歌っているレンジ(音域)も広くなって、えっ、ここシゲ??っていう低いパートから、ファルセットまで、聞きやすくなっていて、ドキドキする。

 

こんなにアルバム、歌声だけでドキドキさせられたら安いもんだ・・・・

 

で、で、もどりますけど、「JUMP AROUND」。これは少プレでみてたから、頭ん中で脳内再生されちゃうのね、シゲが。♪LET'S JUMP JUMP AROUND 騒ぎまくれ JUMP AROUND もっとワイルドにいこうぜEverybody♪

ここのキーがめっちゃ私にとってシゲフェロ!!あーらーうんど、ちょっと高めのシゲの声エロい。もっと~からのところはカメラに抜かれてどや顔してた、イケシゲがどうも頭をよぎる。あーーーかっこいい。

 

AVALON」私にとってのAVALONってこれなんだけど(爆)


Roxy Music - Avalon

 

まあまあ、これもいいんで見てみて。AVALONって、王国とかそういう感じの意味かと思ったら、「アヴァロンAvalon, またはアヴァロン島)は、ブリテン島にあるとされる伝説の。」だそうで(ウィキペディアより)うーん、たぶんもっと宇宙的な意味があるのかも。もっと調べよう。

 

新しい感じのさくらうた、来たね。シゲフェロは、全体的に漂う気怠さ、そして、リヴァーブのかかった声でもシゲの声ってすごい通る??というかわかるんだなーっていう発見ですかね。

 

次!!「UFO」。最初に歌謡曲っぽいなって思ったの。昔の。ださカッコいい、っていうか。でも今聞き慣れると、斬新に聞こえてきた!!

シゲフェロはここでしょ。♪もっと俺が欲しいんだろ♪

欲しいよ(爆)ください。欲しいんだろ、ですってよ???やばくない???→もう語彙崩壊。♪遠ざかる♪のとこの音階、つか唄い方もエロい。

 

♪そんな簡単にあげないよ・・・・♪

 

どS集団だったんですね、NEWSって(笑)

 

さあ、だんだん変態度があがってきましたよ(笑)

 

ドン引きされると困るので、このへんにしようかな。「氷温」ねあと。

 

まあ、好きに決まってるよね。氷が解ける間で飲むのをやめにしよう、って、

落ちた氷をそのままにしてた、って・・・・くーーーーーっ、一緒に見たいわ。

(加藤さんくれぐれも飲み過ぎに注意ですよ)サウンドはまあ、シゲ部聞いていれば、好きそう!ってわかるよね。

 

ここ最近結構メッセージ性が強い?ソロだったから、好きな曲作ればいいのに、って思ってたから私はうれしいな。しかも、シゲフェロ♪鏡越しに映る君・・・・♪とかさ。

シゲのソロって想像の余地を残してくれるから好きなんだよね。そして、

♪月明りで抱きしめてーーーーーえええーーーーーーー♪

音はもう、言ってる通り、おシャンティなR&Bジャズですよ。打ち込みで作ったって言ってたけど、コーラスの入り方とかめちゃ好きね。Amiさんだそうですよ♡(あやめと一緒ね)

 

あああああーーーーー!!って思う私(伝わりづらい・・・・)

 

・・・・ぜいぜい、伝わりづらい文章ですみません。とにかく今、雑誌も何にも読んでないし、クラウドもさらっと一回、あとはスクショで保存はしてますが、自分の感想が書きあがるまでは、色々読んじゃうとどうしても頭に残るので、あえて避けております。

 

これ書きながら、「NEWSな二人」みてるけど、「けけけ」って言われて剛毛のおじさんっていってる加藤さんをみながら、このシゲフェロ記事を書いているのはとても複雑な気持ちです(爆)


🎵君のフレグランス気絶寸前🎵がはいってないな、いやこちらが気絶寸前です。

 

次に続きたいが、さて、いかに????反響によるかな(笑)ゆずこんさん、広めようね!!

 

EPCOTIA(初回盤)(CD+DVD)

EPCOTIA(初回盤)(CD+DVD)

 
EPCOTIA(通常盤)

EPCOTIA(通常盤)

 

 

 でるよー!月刊カドカワ!!

別冊カドカワDirecT 09 (カドカワムック)

別冊カドカワDirecT 09 (カドカワムック)