アイドルとおんがくに囲まれたHappyLife

某アイドル事務所に心奪われているいい大人。おんがく大好き人間で、かなりのヲタ気質。だけど、文章はうまくないのが難点(苦笑)

加藤シゲアキのソロが世界放送されるということ

いのちのうた2017のメインMCを務める、とNHK広島さんのHPでさらっと報告されたのは6月頭あたりだっただろうか。スーツをまとって、どこかいつもよりキリッとした面もちのシゲがいた。

 

メインMC?しかも、全国、世界に向けて天下のNHKに放送!?と、いずれはこういうお仕事くるだろうと思っていたら、NEVERLANDロスにもならないようなタイミングでの発表。

 

選考理由が、ことば、を大事にする加藤シゲアキさんだから→ざっくりすぎ(笑)ということで、小説家としても認められている印象を受けた。

 

NHKさんとシゲは実はお付き合いが長い。ガレッジセールのゴリさんと、wktkラヂオ学園→らじらーという毎週土曜日の生ラジオを2hやっていた。いまとなっては信じられない。生電話とかしてたしねー。若いリスナーさん対象だったけど、私も一度メール読まれたことがあるけど、それがコンビニおでんのネタだったのが笑うところ。きちんと記念品送られてくるんですよ。

 

そして今や少年倶楽部プレミアムでNEWSとまるっとお付き合い。とてもありがたい。そして、当然NEVERLANDのシューティングにいらしてるから、『あやめ』も見ていらっしゃるわけで。そこでの加藤シゲアキさんへのオファーだったと私は思うのだが。

 

まず、この「あやめ」という楽曲はシングルカットなどされていません。NEWS「NEVERLAND」というアルバムの加藤シゲアキくんのソロ曲です。

 

ソロ曲は普通、自分の世界観をより強く打ち出すもの、さらには、ジャニーズのアルバムにおいては、ファンに向けて、という意味合いが今までは強いと思っていた。が、NEWSファンになってから、4人のソロ曲の色の強さ、歌の強さ、バラエティーさに感動していた。ファンだけではもったいないなあと。

 
「あやめ」作詞作曲は加藤シゲアキくんです。アルバムを作る時に、最後にいつもバランスを見ながら作ると言っていたシゲ。小山さんの「にゃん太」を聞いて、動物愛なら、植物もありかな、ってぼんやりと思っていたシゲアキさん。「多角的な愛」というキーワードはあったようですが。
 
「NEWSな2人」という番組で、渋谷区のパートナーシップ条例の彼は取材にいってます。そこの団体が「アイリス」さん。LGBTの方の相談窓口などされているようです。シンボルとして、あやめが虹色だったりして。
 
デモのデモに「いずれあやめかかきつばた」というフレーズはすでにあったそう。そして、そのLGBTの象徴って、虹だったりもするし、虹が多様性のシンボルってわけじゃないけど、多様性を表すにはいいのではと言っていた記憶。


そして、あやめを英語で調べたら、なんと「アイリス」で、アイリスは、ギリシャ神話の虹の女神イリスから来ているんだということを知って、繋がった!ということで、あの曲ができたようです。(ここまでの出典は、ラジオSORASHIGE BOOK)
 
愛と言っても、男女だけではない現代。同性同士もありだし、家族の愛も、友達の愛も色々ある。それが多様性。ボーダーラインなんて見極めるなんてできないんだ、という歌詞が象徴してるのかなと。

 

実はたまたま金曜日、MUSIC STATION星野源さんのところをみていて。『Family Song』の話をされていた。Familyって、漠然と血のつながりだと思っていたけど、よく考えたら、夫婦って血がつながってない、とすると、会社とか友達のコミュニティーでもファミリーというし、今後同性同士の親も増えてくるのではないかという、LGBTにちらっと関係するようなお話をされていた。そして、広い、懐の深い歌を作りたいという思いでこれを書いたと。

 

全くアプローチは違えど、広い意味合いでの多様性と捉えれば、両者ともに根底ではつながるんじゃないかと勝手に思ってみたり。


振付のイメージは、ドラクロワの「民衆を導く自由の女神」という加藤さんのリクエストだったと。コンサート「NEVERLAND」の映像がでると、ちょっと違うことがわかっていただけるのですが、今はネタバレしないでおきますが、どちらもほんとに素晴らしいので。

 

よくスタジオであそこまでこだわって作ってくださったと思う。NHKさんに感謝であるが、NHKさんのニーズと、加藤シゲアキ、というアーティストの表現するものが合致した、というのもすごいことなのではと思うのだが。


f:id:fulllove:20170820044200j:image

 これが、あやめのラスト。


f:id:fulllove:20170820044846j:image

 

音楽の力で、平和を考える、という趣旨のイベントには私は『U R not alone』も『あやめ』も若い世代に繋いでいく、そして、だから僕は生きていく、という『あやめ』の宣誓のようなものが、私は戦争や原爆で亡くなった方への弔いのメッセージととらえたのだが。

 

若い世代が生きていき、語り継いでいくこと、歌い継いでいくこと、それがメッセージというか、大事なことなのかな、と。

 

入り口がどこであれ、日本人だろうが、海外の方だろうが、この番組を目にして、今でも苦しんでいる方がいて、それを風化させないと頑張っている世代がいる、ということを知ってもらうのが大事なことかなと思った。

 

風化させない、それが力強く私には伝わってきた番組だったし、押し付けがましくない。確かに悲惨な部分をみる、ということも大事なことだが、こういうアプローチの番組もこれまた多様性と思う。

 

こんな可愛らしいシゲアキさんもいたし。


f:id:fulllove:20170819011046j:image

 

はたまた、『痛みを伝える、というのは本当に大変な作業だと思う』と自身の体験を踏まえたからこそのMCは説得力があったし。『長崎の鐘』の件ですが。『あやめ』にも、目覚めの鐘の音が、というフレーズがあるけど、ここの鐘、もなんで鐘何だろうと思っていたら、なんとなくつながってしまったね(笑)

 

原爆の取材、峠三吉氏のことば。青年、加藤シゲアキにはどう響いたのだろうか。


f:id:fulllove:20170819011103j:image

彼の中で、昇華されていくそのことばが紡がれる日を楽しみに待ちたい。

 

NEVERLAND(通常盤)

NEVERLAND(通常盤)

 

 

 

 

 

長崎の鐘 (アルバ文庫)

長崎の鐘 (アルバ文庫)

 
長崎の鐘

長崎の鐘

 

 

 

 

NEWSネタバレ文化に思う

最近読者になってくださった方はえええっ!っていうかもですが。元嵐担なんですよ、これでも。(笑)

 

ここ何日か、「いのちのうた2017」のネタバレ論争が繰り広げられている。要は中国地方の放送が先で、全国があとだから、Twitterで呟いてくれるなというもの。

 

最近、あまりにNEWSのネタバレ禁止文化にこれはよろしくないのでは?とおもっていたので、中国地方の方にはどんどん盛り上げて!広島局の番組だし!といいました。

 

だって。首都圏なんて。勝手だよね。NEWSな2人も、タイプライターズも、放送がまだ決まってない地域の人もみれちゃうように、タグつけてtweet。自分がみれてたら、みれない人の事って考えないんだろうね。

 

あまりの勝手さに、正直私は呆れましたが。

 

Twitterみないですごすことはできないのかな。ミュートワードの設定は?自衛の仕方はいくらでもあるよ。

 

私は広島で収録をラッキーにもみましたが、番組としての完成形って誰もみてないんですよ。シゲの取材部分とか、NEWSやシゲの歌唱部分。これは放送されてのお楽しみであって、もう放送にのったら、それは盛り上げるしかないでしょ!っておもってる。

 

コンサートのセトリとかをしりたくないのはわかる気はするんだけど、テレビのネタバレするな、ってことは、首都圏もNGだよね。そんなこと言ってたら、ふーん、あんまNEWS起用しても・・・って思われたらいやだわ。

 

もちろん、見たらきちんとお礼のメールとハガキは出すつもり。

 

中国地方のフォロワーさんが胃が痛いとまで(泣)そんなに気を遣わないで!どんどんそちらで盛り上がってもらいたいのです。シゲアキの晴れ舞台でもあり、NEWSの歌声が世界にも流れる番組なんだよ?

 

誰が盛り上げるんでしょう。ファンですよね?

なんでこんなにNEWSだけ箝口令みたくなったんだろう・・私たちだけの4人、じゃだめなんです。

 

やっばり少し発信していかないと、彼らのよさは伝えられない。最近しみじみと思うのですよ。

 

みんなで仲良くNEWSを応援したい、ただそれだけなんだけどなあ・・・

まさかの加藤シゲアキ氏フジロック!

実はね、私ここは隠れ家のつもりで、すぐやめるつもりだったのに、720でまる2年?

 

こんなに読者さんがふえて、驚いてます。ありがとうございます。

 

シゲアキがフジロック行ったと聞いて、めちゃうれしかったんですよ。だって今年のラインナップ、シゲ部まんま(笑)オザケンもでるしさ、ぜひ生でみて創作意欲をかきたてて欲しかったのと、青年の夏、体験してほしいじゃない?(笑)

 

で、告白するとかなり早い段階でこんなくだらない妄想記事を書いていたのでした。

 

http://fulllove.hatenablog.com/entry/2015/08/16/034911

 

今年、私もフジロックは画策してたけと、みんな音楽ファンはシゲみつけても、プライベートわかってるから、きっとほっといてくれるし、だから2日いけたんだよね。よかったね。周りでもりあがれた人うらやまだけど、話聞くのが楽しみだよ!

 

サマソニにいけるチャンスが実はあって、ヘッドライナーがカルヴィン・ハリスだから悩むなあ・・・・

 

 

手越祐也のキャラ変と沢山のお知らせが嬉しい

とにもかくにも、てごちゃーん!!ドラマ決定おめでとうーーー!(*´∀`)

 

みんな待ってたよ!!嬉しいなあ♪ほんとに嬉しいよ。私、怖い話は得意じゃないけど、頑張ってみるね!!

 

年明けに、ゲッダーズ飯田さんから、少プレで、「キャラ変の可能性がある」(曖昧だけど)って占いされてたけど。私ちょっと思ったんだけど、まあ、色々あって、NEWSの中でのテゴちゃんのキャラクターというか、そういうものが変化したんじゃないかな、って想ったりしています。先日の少プレでは、堂本光一さんから「もっと真面目な部分だせよ!」って言われてたし、エピソード聞いててもさもありなん。

 

手越さんって、基本真面目でストイックで、育ちがいい人なんだろうなって思っていたから、あのチャラいキャラ、しんどくないかなって思ってたんだよね。でも、視聴者がみたい手越祐也、を頭のいい彼はちゃんとわかってて。

 

そんな中、色々今年あって、NEWSの中で、虚勢をはらなくてよくなったんじゃないかなーって思ったの。鎧を脱いだと言うか。基本強気で、それはきっとずっと自分を鼓舞していたんだと思うけど(メンバーも含め)4人がそれぞれを支え合うようになった。夜中の3時にシゲ呼びだして、すぐ行っちゃうシゲもどうよ?(羨ましいだけですw)って思うけど、安心してシゲの膝の上で寝ちゃうとかさ。小山さんも焼肉屋に呼び出されてたし。きっとそれが本来の手越祐也で、やっとそういう姿をメンバーに見せられるようになって。そういう意味での「キャラ変」なんじゃないかなあ、なんて他担ながら思ったわけです。

 

今日すごかったね、テゴちゃんのドラマにまっすーの装苑、慶ちゃんの週刊女性(everyの密着だったけどこれも悶えるほどかっこいい)、シゲの読売kodomo新聞装苑、ちらっとみせてもらったけど、半端ないよ?アイドルの仕事じゃないよ?

 

そのアイドルの仕事じゃない、っていうのが、NEWSというグループの共通項だと思うのよね。そんな4人が集まるんだから、最強でしょ。しかもビジュアルもいいってさ。

事務所さ~ん、きづいてる???でも、こんなに色々露出してきたのは、15周年にむけての布石だと思ってるけど勝手に。

 

報道、ファッション、スポーツ、文壇、って各分野のスペシャリストがいるNEWSって最強じゃない?しかも、集まって歌うと歌上手いとか、もう何者よ?って世界じゃない?

 

私、NEWSのファンになってやっぱり幸せよ。ほんとこんなに毎日有言実行してくれるグループなかなかないと思う。ありがとう。もっともっと追い風おくるからね。

 

 

Burn.-バーン- (角川文庫)

Burn.-バーン- (角川文庫)

 

 

 

 

加藤シゲアキ、できる男すぎる

まずは、

 

加藤シゲアキさん、「Burn.」文庫発売

おめでとうございます!

 

 上が文庫、下がハードカバーだけど。文庫は加筆修正されてるし、あとがきも。両方読み比べて、気づくかどうか(笑)やってみるよ。

Burn.-バーン- (角川文庫)

Burn.-バーン- (角川文庫)

 
Burn.‐バーン‐ (単行本)

Burn.‐バーン‐ (単行本)

 

 シゲアキほんとすごいよなあ、いつ寝てるの?チュベローズも書いてるだろうし、アイドル仕事も、さらに24時間ドラマ出演でぶっ飛んだけど!!

 

都倉俊一さん。私達世代には(笑)馴染み深い方。阿久悠、都倉俊一、っていったらピンクレディーやら、沢田研二さん(この辺も因縁を感じるよね・・)など、もうヒットメイカー。そして、「スター誕生」の審査員だよね?白タートルに紺のジャケットのイメージでさ。あと、「レッツゴーヤング」の司会されてたよね??懐かしいなあー。

ちょっとプレイボーイ(死語www)な雰囲気のイケメンで、なんかさ、シゲが都倉さん風味がある!って思ったの、私だけじゃないはず。ピアノ練習したのかなー、少し聴きたいな。ギターは引けるんだろうけど、WSでやってた手つきはなかなかおぼつかない感じだったよね。かわいい。

 

あ、その前に、広島の「いのちのうた」も行かせていただいておりました。ほんと、堂々たる司会でね。涙でたわ。かわいいシゲアキも爆発だった。レポできたらするけど、きっと誰かかいてるよね(他力本願)まあ、いい思いばかりしたわけじゃないので、気分が落ち着いたらかくかなあ?でも広島はホント素敵な場所だったよ。コトリンゴさんがほんとよかった。「この世界の片隅に」オススメ。絶対見て欲しい。

 

そして「グリーンマイル」。なんとか入れるけど・・・複雑・・・・全滅の人も多いから言い出しにくいけど。でも、ほんとお芝居大好きだし、シゲのグリーンマイルなんてみれるだけいくしかないでしょ!って意気込んでたのに、1つしか当たらないって。。。。おとなしくしろってことなのかなあ・・・・お友達にお譲りできるものもないし、交換できるものもなくて、ほんとなんだかもう。気分的に落ちちゃって。

とりあえず明日当たった貴重なやつだけ振り込んでくるけど・・・やだな、強欲な自分が凄く嫌だ。

 

でも、シゲアキに会いたいのよーーーーーー!!!!!!(´;ω;`)初日も千穐楽もだめ。そんなこと言ってられる場合じゃないけど、探すしかないかな・・・・はあ・・・

 

あれ、上げ記事のつもりがぐちになった。ごめん。

 

兎にも角にも、シゲアキがもう乗ってて乗ってて、話しっぷりにも、顔にも立ち居振る舞いにも自信がみなぎってる。そんな自担が誇らしいよ。

 

ちょっと今こもろうかな。気分的に上がってないからね(苦笑)

 

 

 

 

 

 

劇場アニメ「この世界の片隅に」オリジナルサウンドトラック

劇場アニメ「この世界の片隅に」オリジナルサウンドトラック

 

 

そしてこっそり、分かる人にはわかる、今コレばっかり聞いて、テンションあげつつ布団被ってねてます(笑)

 

 

ファンク・ウェーヴ・バウンシズ Vol.1

ファンク・ウェーヴ・バウンシズ Vol.1

 
FUNK WAV BOUNCES VOL. 1 [CD]

FUNK WAV BOUNCES VOL. 1 [CD]

 

 

ほんと、シゲは見えているかのように、もうダメかも、って時に、・・・・してくれる。この人は絶対なんかもってるよね(笑)

 

祝 Kinki Kids 20周年!


f:id:fulllove:20170717044231j:image

やってしまった・・・書き上げたのに、下書きを上書きした・・・書き直す!

 

最初にお断りしておくと、私はジャニーズ事務所担、音楽好き、そばにいつもKinkiさんの曲はあった、というくらいの認識でいてください。

 

漏れ伝わるところだと、光一さんは光一さん、剛さんは剛さんのファンの方がそれぞれいらして云々、ど脅されて?いたので、色々言わないのがいいのかと思ったけど。

 

昨日の横スタの様子でうっかり涙したし、暖かい空間は伝わってきたし、どれだけお互いか信頼しあってるかわかったし。あとはファンの方にお任せでいいな、と思って。個人的感想。

 

剛さん、ホント心配で。事務所の大英断、素晴らしいと思う。無理させたら・・・繊細な人だと思うので、色んな事気にしてるだろうけど、ほんとにゆっくり休んでほしい。ファンの方も待ってくれるだろうし。光一さんいれば大丈夫。ホント素敵なお二人です。 

 

さて。なぜ私がこのシングルを買ったか。すみません、不純な動機。作詞作曲が久保田利伸さんと、森大輔さんだったこと。

 

しかし聞いてぶっとんだ、ディープなソウル。腰がはいっちゃうような、大好きなテイスト、ああ、久保田節!そしてフェイクなんかも久保田さんかと思うくらいの、素晴らしいもの。後ろの久保田さんのコーラスとお二人の声の親和性!ああ、素晴らしい。

 

森大輔さんは久保田さんの事務所のシンガーソングライターで、アルバムもだされています。素晴らしい曲かかれます。A.B.C-ZのShower Gate 書いたのも森君。

 

通常を買った理由もう一つが、堂島孝平さんのShinyが素晴らしかったから。久保田さんの曲が夜なら、堂島さんは晴れた空のした。タイトル通り。印象的なメロディーで一発ではまった。

 

Million Secrets of Loveもよかったー。井手コウジさん、これも好きだなー。すごくよかった、コーラスにAmiさんのクレジット。今回の最新のNEWS 加藤シゲアキさんのソロ『あやめ』のコーラスもAmi さんなのですよ。

 

ジャケットやクリアファイルの深い赤もすごくすてきです。

 

ほんとに、心より20周年おめでとうございます。後輩がおいかけますよ!

 

 

 

 

 

 

NEVERLAND(通常盤)

NEVERLAND(通常盤)

 

 

 

THE BADDEST ~Collaboration~(初回生産限定盤)(DVD付)

THE BADDEST ~Collaboration~(初回生産限定盤)(DVD付)

 

 

 

Music Diner

Music Diner

 
Beauty is yours

Beauty is yours

 

 

 

VERY YES(初回限定盤)(DVD付)

VERY YES(初回限定盤)(DVD付)

 
オモクリ名曲全集 第一集 堂島孝平篇 - EP

オモクリ名曲全集 第一集 堂島孝平篇 - EP

 

 

 

 

 

初期衝動と作家という職業@タイプライターズ

まだ放送されてない地域の方ごめんなさい。ネタバレ嫌な方は、このまま引き返してくださいね。

 

昨日の深夜、「タイプライターズ」記念すべき第6回がありました。私はシゲのお仕事の中で、「作家・加藤シゲアキ」として出演する番組がとても好きです。

 

西加奈子さん、中村文則さん、又吉直樹さん。そうそうたる面々の中で、微笑みながら、うまく話の流れを緩やかに作ったり、聞き入ったり。もう、立派な作家だからね。安心してみていられる。初回放送が2年前になるけど、さっきちょっと見かえしてた。

第一回は朝井リョウさん(うちの娘の担任の先生まじでそっくり→いらない情報)。

 

顔がほんとに違う。一回目はほんと大学生でも行けそうな感じだったけど、昨日のシゲはもう違う。顔つきがね。自信に満ち溢れてる感じ。

 

4人のお話を聴いていて、作家、ってお仕事は、まるで裸で勝負してるみたいなとこがあるなあと思っていて。作家さんのインタビュー、はよく見るけど、あんなに長い尺で雑談(重要な)したり、ご飯食べたり、なんて番組は貴重すぎる。西さんが、又吉さんの帯に書いていたけど、「まるで内蔵をみせられたような」。まさに私はこれに共感した。

 

シゲは、アンテナも色んな方面に立っていて敏感、キャッチしてしまうし、人の痛みがわかるようになってしまっているから、「書く」をいう武器を身に着けないと、内包してしまった自分の感情が放出できなくなっていたのではないか、それを書くことで、放出することができるようになったから、こんないい顔になれたんじゃないか、そんなことを思っていた。

 

ここで、「初期衝動」の話もしていた。「ピンクとグレー」を書いた頃の初期衝動を思い出したい(西さんに、それは絶対無理やで、って突っ込まれていたけども)と語っていたが、私はこの番組でこの言葉が聞けたことが嬉しかった。「ピンクとグレー」を超えたいってことなんだろうなと。シゲなら書けると思う。書いて欲しい。

 

それから、出版時のエピソード。ものすごくさらっと言っていたけど、出版の日、「あー、これから叩かれるのか、俺」って思ったというのが、すごく衝撃的だった。そこまでの覚悟をして、「何も武器がなかった自分」を追い詰めてまでもNEWSを守ろうとしたシゲ。

 

Myojo1万字インタビューですごく覚えているのが、「ペンネームでだしても良かったんじゃない?」という問に、「それじゃあ意味が無い。正当な評価より、NEWSの加藤シゲアキが、こういう面白いことをやっている。とNEWSに興味を持ってもらうことが大事だから、」、と語っている。この精神、今でもシゲは根底に持っていて、NEWSにつながるようなお仕事を考えている。NEWSのために、NEWSのために、と。もう、覚悟というか、そこまでNEWSを引っ張り上げてくれようとしている、加藤シゲアキに、尊敬の念しか持てない。

 

実は、私は1万字がでた直後にお手紙をしたためたことがあります。この1万字の内容が私的にあまりに辛かったので。彼の抱えてる想いがあまりに重いだろうなという年上からの余計な感想。「会議室からでていく二人(山下君と亮ちゃん)の後ろ姿、一生忘れちゃいけない光景だと思う。」と言っていて。「もしかしたら、今はそう思っているかもしれないけれど、まだ20代の加藤さんにとって、これからもっともっと忘れちゃいけない光景は増えます。辛い記憶は胸の小さな小箱にしまって、しばらく鍵を掛けておいて、しまっておいてもいいのではないですか?少し楽になるかもしれませんよ。」と。

 

読んでもらえたかどうかもわからないけど、30才の加藤シゲアキは、今前しか見てない。「過去は参考にするもの」きっとそれが彼の出した答えなんでしょう。こんなことしか、ちょっと余分に生きてる私には言ってあげられることがありません。

 

あと、出版後。色んな人に褒められて「世界は意外と俺に優しかった」って言ったこと。その後に西加奈子さんのすかさずのフォロー。それは「作品が面白かったからよ」って。ほんとにありがたいことだと思うし、実際にそうだと思う。つまらない作品にお金を払うほど消費者って甘くないから。

 

アリアナ・グランデの事件にも触れてましたね。演者としての感情、小説家として「きちんと怒らなけらばいけない」という感情。あれは、ファン、見に来てくれる人への配慮ですから、本当に加藤さんは、俯瞰的に物を見ることができる。

 

だから、投げチューで我に返っちゃうのよね(笑)そんな光景何度かみましたけど(笑)俯瞰的な自分がいるのは私も似てる所があるので、気持ちはわかる気がします。

 

西加奈子さん、ほんとに明るく笑って、素敵な女性。でも、途上国へ行った時の自分の中での乖離とか、話してくれて、やっぱり「i」は読むべきだな、と思ってます。あと、中村文則さんのなんともいえないのほほんとした雰囲気が大好きなんですよね。コレも読みたいし、又吉さんの「劇場」。帯、シゲの採用してほしかったなー(笑)シゲバージョンいかがでしょう?(笑)

 

とにかく、こんなに贅沢で、大人で、深い話が聴ける番組画全国放送じゃないことがありえない。ガンガン要望だしますよー。

 

西加奈子さん、どうぞ元気な赤ちゃん産んでくださいね!!

 

そして告白しておくと。終始穏やかで、楽しそうなシゲを見て、特に後半自分の熱い想いを語れるところ、自然になんか知らないけど頼もしくて泣いてました。

 


f:id:fulllove:20170714045027j:image

 
f:id:fulllove:20170714045040j:image

 

ピンクとグレー (角川文庫)

ピンクとグレー (角川文庫)

 
Burn.‐バーン‐ (単行本)

Burn.‐バーン‐ (単行本)

 
傘をもたない蟻たちは

傘をもたない蟻たちは

 
閃光スクランブル (角川文庫)
 

  

劇場

劇場

 

 

私の消滅

私の消滅

 

 

 

i(アイ)

i(アイ)