アイドルとおんがくに囲まれたHappyLife

某アイドル事務所に心奪われているいい大人。おんがく大好き人間で、かなりのヲタ気質。だけど、文章はうまくないのが難点(苦笑)

複雑すぎてなんだか寝られないので、少年倶楽部プレミアム

今日は、6人時代のNEWSが好きだった方には記念日になった方と、そうでない方と

本当に色んな感情、受け取り方があったみたいで、正直私も複雑だった。

 

少年倶楽部プレミアム」NEWS司会の番組に関ジャニ∞が出演。といえば、錦戸亮くんがいる。

 

言っておくと、私は4人時代からのファンで、遡っている途中なので、うっかりしたことは口に出せない。(歴史を全部知ってるわけではないから)先輩から聞いたこと、雑誌(古いもの)で見聞きしたもの、1万字インタビュー。そんなことから察する、しかない。でも、やっぱり、冒頭のすばるくんの「元同僚ですから」発言で、なんだかちくんって胸が痛くなって。当たり前なんだけどね。すばるくんは当たり前のことを言っただけなんだけど。そんな中、終始明るい笑顔を絶やさない亮ちゃんがなんだかすごく気を遣ってくれてるように見えて。

 

逆にNEWS側が緊張して見えた。MCはNEWSだよ?まっすーは亮ちゃんが好きだよね。シゲも亮ちゃんが好き。なんとなくシュッとマルベスモードの丸山隆平氏が終始暖かい眼で見ていたのは気のせいだろうか。

丸山さんの仕込みで、飲みにいったら、錦戸さんがいて、シゲが思わず泣いちゃって、「お前もうちょっと頑張れよ。」って亮ちゃんに励まされた話とかすごく思い出してしまったよ。

 

そして、亮ちゃんのエイト間でのしっくり感も逆にすっごく複雑になってしまって、でも、これでよかったんだろうな、双方にとって、っていうのが改めて分かったし、できることであれば、ですよ。あん時はこうだったよねーなんて、何年後かでいいから、お互い緊張なく笑って馬鹿話にできるといいよねって。考えすぎだろうかね。

 

お互いにしっくり来る場所がみつかった。それでいいんだ。結論はシンプル、きっとそう。お互いにお互いを応援してるはずだ。

 

でも、私なら、もちろん細かい事情は分からないし、当時の4人の心境なんてわかるはずもないけど、一旦は否定された4人、色んな山や谷があって、そこに関わった人たちに会った時に、あんな笑顔が向けられるだろうか。(それは錦戸さんに対して、ではなくですが)ほんとにNEWSってどこまでも優しいのか。黒い感情は、きっと心の奥の金庫に厳重に鍵をかけて、しまってあるんだろうな、って思うと、愛しくてギュッとしたくなる。たまにはファンに甘えていいんだよ、って思ってしまう。いつもいつも前向きな言葉をファンに投げてくれて、こないだも書いたけど、私はエールを送るしか無いんだ。そんな無力さが悔しい時があるけども。

 

だんだんNEWSが大きくなるにつけ、私の要求も高くなってきて、これはこうしたほうがよくないかなーって思うこともある。でも、元々不器用な4人だった。それを一歩一歩地道に階段を登ってきて、今のこの状況があるということを忘れちゃいけないんだよね。彼らには彼らのスピードというものがある。ファンに応えるには、ほんとにおおきくなるにしたがって、しがらみ、が生まれてくるものだ。

 

でも、揺るがないのは、私は「今のNEWSが好き」ということ。それは過去のNEWSを否定することではない。昔のNEWSがあるからこその今のNEWS、なのだから。彼らの歴史は大切にしたいし、だからこそ、プレミアムショーで、「愛のマタドール」と「Forever」だったのかな、と深読みをしてしまう。泣きましたけどね・・・

 

シゲが、1万字インタビューで(Myojo)「脱退した2人が会議室から出て行った背中を僕は一生忘れない、いや、忘れてはいけないんだ」、と語っていた。きっとそんな思いを胸の奥底に鍵をかけてしまって、彼は仕事をしていると思う。NEWSのために。

 

でも、シゲアキさん、もうそろそろそれも、「咀嚼、吸収」に入ってもいいんではないかな?と個人的には思っている。28にして、色々抱えてたらこの先の人生持たないからね(笑)

 

つらつらと新規の戯れ言失礼しました。エイトさんもNEWSも幸せなら結果それでオーライですよ。