アイドルとおんがくに囲まれたHappyLife

某アイドル事務所に心奪われているいい大人。おんがく大好き人間で、かなりのヲタ気質。だけど、文章はうまくないのが難点(苦笑)

一応、キャッチなんぞを付けながら進んでみたいEPCOTIAレビューその1(氷温メインになってしまった)

お題「NEWSアルバム『EPCOTIA』レビュー」

 

毎回素敵なお題を提供してくださる綴さん、ありがとうございます!!!

 

ってことで、あまりに忙しすぎて、仙台を前に何度も何度も慌てて、今になってリピートしてる女です。曲順番から行くのが正解なんだろうなあ。一応、曲並べてみますね。

職業柄、キャプション(CDショップにいくと、CDの前についてる説明文みたいな短い奴です)に収まる程度の文章でどれだけ伝わるか、作ってみよう!!(できんのか)

 

1、EPCOTIA SAFETY GUIDE -INTER-

2、EPCOTIA

「さあ、一緒に旅にでよう、宇宙空間へ。EPCOTIAライナーへの搭乗はこちら。壮大なストリングス、そして転調が、壮大な宇宙空間へいざなってくれる。ワクワクが止まらない!」

3、KINGDOM

「俺らはあきらめない、夢を未来につなげるまで、まだ見ぬ明日を見つけるまで。強い意志と、NEWS歴代のサッカーソングが歌詞に織り込まれている遊び心満載の力強い一曲」

4、TWINKLE STAR

「かなうなら、もう一度だけ君と見つめ合いたい。宛名のない文を書いても、もう届かない、切ない宇宙での恋愛を歌ったラブソング。日本語の美しさを堪能できる一曲。」

 

5、ワープ中ーINTER-

6、LPS

「LOVE、PEACE、SMILE。こんな単語が似合うグループが他にいるだろうか。クラップと子供のコーラスで、じんわりと心からあったかくなれる曲。暖かい涙を流していいんだよ。」

7、恋する惑星

「NEWS反則のCUTE路線のポップソング。MAJIでNEWSに恋する5秒前確定な一曲。この可愛さはNEWSならでは。」

8、JUMP AROUND

「BなNEWSもいるんだよ。HIPHOPなんてお手の物。聞くと勝手にテンションの上がる一曲。Yeah(と指をラッパーのようにだしてみようw)と男くささ満載のお勧めトラック!」

9、ドッキングーINTER-

10、AVALON

「宇宙的桜ソングだ!!m-floのTaku☆takahashiさん作曲。日本人といえば桜。AVALONの語源は諸説あるが、日本人といえば桜、というところにこだわった、宇宙&桜のミスマッチかとおもいきや新境地ここに!」

11、IT'S YOU

m-floの強力布陣、TAKさんとLisaさん参加!!m-flo世代にはたまらないだろう。コーラスとクラップとエフェクトの効いた面白い一曲。癖になる中毒ソング。切ない系」

12、異星人とのコンタクトについてーINTER-

13、UFO

「70-80年代歌謡曲っぽさを残しつつ、全然古くない。かえって新鮮に聞こえる面白い楽曲。ピンクレディー味も無きにしも非ず。その世代には懐かしいのでは?しかし、歌詞はハートを打ち抜きます。」

14、EROTICA

「ラテンがきた、NEWSがラテンテイストな曲を歌う日がきた。そして、歌詞がエロティック。想像力を掻き立てられるエロティックな彼らならではの一曲。」

15、BLACKHOLE

「セクシー・・・セクシーすぎるこの楽曲。ラテンからのレゲトンというべきか・・・クラブでかかってて、エロく踊っててもおかしく無い楽曲。歌詞のインパクトがありすぎる。そして、色々妄想が繰り広げられる歌詞であることは保証。」

 

16、星に願いを

「星シリーズ、ずっと続いておりますNEWS。いいんです、星にまつわるNEWSの名曲はあまたあれど、さらにストックが増えました。NEWSのさわやか路線がここにきて本領発揮。」

17、イノセンス

「ヒロイズムX亀田誠治節炸裂!!ちょっと前によくあった、90年代ごろのJ-POPの流れを汲んだ、非常に聞きやすく、とっつきやすい一曲です。ふり幅広すぎーのNEWSがこれでわかる!」

18、帰り道ーINTER-

19、HAPPY ENDING

「ゴスペルチックなハッピーな楽曲。これも子供とクラップが印象的で、でも歌詞は反則なぐらい優しい。暖かい涙を流して下さい。ありがとう、NEWS」

20、プラトニック(ex:手越祐也

「天使の歌声がここにあった。NEWSICALで学んできた、多重録音を使っていると思われる、素晴らしい手越祐也の歌声が堪能できる、素晴らしいラブソング。」

21、銀座ラプソディ(ex:小山慶一郎

小山慶一郎の大人の魅力が満載!レトロな歌謡曲っぽいアレンジはわざと狙ったものであろう。ぜひセクシーな大人な小山慶一郎、お楽しみください・・・・やられるよ」

22、氷温(ex:加藤シゲアキ

「アーバンで、R&Bテイスト、ゆったりとしたflowが魅力的な一曲。打ち込みを多用しているが、女性コーラスがとても印象的。しかし、歌詞の男は非常に未練たらしい、しかし女性はきっぱり見切りをつけているのが読み取れる。メロウで、シティポップ好きには絶対ハマる!」

23、Thunder(ex:増田貴久)

「増田貴久新境地・・・・・増田貴久は、まだまだ知らない顔がたくさんある。m-floのTakuさんと組んだことで、さらなる新しい魅力がでてきている・・・・恐ろしいパフォーマーである。」

 

1、5、11、17は無気質なナレーション。この「EPCOTIA」というアルバムのコンセプトが、「EXPERIENCE PLANETS A CORNER OF THE COSMOS    LET'S GO TRAVELING INTO ASTROWORLD」。簡単に訳すと、「宇宙の片隅の惑星で・・・・さあ、宇宙旅行へ旅だとう!」こんな感じ?→今辞書とかないんで、インスピレーション。

 

これに、思ったこと書くんだけど、もう時間が時間なんで、とりあえず「氷温」だけね。

 

今回、去年の「あやめ」の路線を踏襲はしないんだろうなあ、って思ったんだけど、単に時間がなかったんならいいんだけど・・・私はザ・加藤シゲアキ、の世界観が好きなので、まあ、シゲが好きな曲作ってくれるならなんでもOKなんだけど。好きな曲を自由に作ってくれる、っていうのも大事だよね。

 

この「氷温」を聴いた時、言葉を「そぎ落とす」ことに心を砕いたのかな、って思ったんだよね。歌詞がすくない、って思ったんだよね。でも想像の余地を聞き手に委ねたかなとも思ったし、その間に入るコーラスが、この中にでてくる「男」の気持ちとは裏腹で、もう腹はくくってる印象なんだな。

 

Don't Believe In Me。「俺を信じてくれるな。」ってことかな。In、がはいることで、より強い意味合いだったと思うんだけど。その後に「嘘重ねて」ってあるので、危うい関係、ただの恋人関係ではなかったのでは、という想像もできる。男の方は女性を好きだったけど、でもそんなに簡単に好きになってはいけない関係、だから「俺を信じてくれるな」っていう、自分に言い聞かせてるようにも聞こえる。チュベローズじゃないけど、光太と美津子のような関係とかね・・・・

 

なぜ氷をテーブルに落としたのか。ライムで正気に戻った。カクテルだろうけど、なんだろうか。ドアの音を聞かないと、自分の気持ちに整理がつかないほど、男は未練たらたらで。夢を話そうとしてやめにした・・・・もうお別れするからか。

 

「君の熱の鈍さがへばりついて落ちないままで」。君、はもう俺、に対して熱が鈍っているのを感じていた。でも、「二度と会えないのなら、月明りで抱きしめて」月明りで・・・ということはそういうことで、最後に彼女を抱きたかったのか、でもそれはかなわなかったのではという予想。

 

ライムと相性がいいのは、テキーラのようで、ショートのグラスで、ライムを入れて、あおっていたら、氷を落とすのもまあ、ありかなあ、とか。カクテルを呑気に飲んでるイメージではないなあ(シゲが酒飲みってのもあるけど)

 

どちらにしろ、そぎ落とした歌詞で、これだけ情景を思い出させてくれるシゲアキ先生はやっぱすごいなと、そして、Amiさんのコーラスが鬼気迫っている。最後の・・氷温、ってつぶやきが、すごい女の決意というか情念というか、一言で感じてしまったのだけど。

 

・・・・・・ということで、ここまで。あとは随時足してきます。仙台おわってからね!

 

 

EPCOTIA(初回盤)(CD+DVD)

EPCOTIA(初回盤)(CD+DVD)

 
EPCOTIA(通常盤)

EPCOTIA(通常盤)